ドナー精子を何本注文するか

お客様が必要とするドナー精子の本数は、治療方法によって異なります。ご注文の前に医療機関へご相談ください。このページでは、ご参考までに私たちが推奨する本数についてご説明します。

IUI用ドナー精子

IUI(子宮内人工授精)は、訓練を受けた医療従事者によって行われる比較的単純な不妊治療の一種です。卵管に到達する精子の数を増やすために、精子を子宮内に注入します。

IUIにはIUI用ストローのご使用を推奨します。医療機関にて、IUIを行うための準備作業を行うことができる場合には、ICI用ストローをお選びいただくことも可能です。詳しくはIUI用ストローとICI用ストローの違いをご覧ください。

IUI用ストローの場合、1回の人工受精につきMOT10(またはそれ以上)のストローを1本ご利用いただくことを推奨します。MOTについてはこちらで詳細をご覧ください。

ICI用ストローの場合、IUIの準備作業を医療機関が行う前提で、MOT5のストローを4本、またはMOT10のストローを2本、もしくはMOT20のストローを1本お選びになることを推奨します。

ドナー精子を何本注文すべきか?

IVF用ドナー精子

IVF(体外受精)とは、卵巣から卵子を取り出して体外にて精子と受精させるプロセスのことです。受精により生じた胚は、その後子宮の中へ移植されます。

IVFについては、医療機関毎に方針が異なる可能性があるため、ご注文の前に医療機関へご相談ください。

医療機関でのストローの取り扱い方針に応じて、MOT10またはMOT20のIUI用/ICI用ストローを1本お選びになることを推奨します。

ICSI用ドナー精子

ICSI(顕微授精)はIVFの特殊形態で、一つの卵子に対して一匹の精子を注入します。受精したのち、IVFと同様に一つまたは複数の胚を子宮へ移植します。

ICSIについても医療機関毎に異なる方針を持つ可能性があるため、ご注文の前に医療機関へご相談ください。一般的に、ICSIを行うにはMOT5のストローが1本あれば十分です。IUI用・ICI用のいずれのストローもご利用いただけます。

ICI用ドナー精子

ICIは子宮頸管内人工授精の略語で、ドナー精子を用いた不妊治療の中で最も単純な方法です。ICIには、ICI用・IUI用のいずれのストローもご利用いただけます。

MOT10のストローを2本使用することをお勧めします。より高いMOTのストロー、もしくはより多くのストローを使用することも可能ですが、必須ではありません。MOT5のストローはICIには適さないことをご了承ください。

Cryosのおすすめ 概要

お客様の不妊治療クリニックの方針やストローの取扱手順について、必ずご確認ください。

治療方法

Cryosのおすすめ

もしなければ

IUI MOT10のIUI用ストローを1本 MOT5またはMOT20以上のIUI用ストローを1本
IVF

MOT10/MOT20のICI/IUI用ストローを1本

MOT5のICI/IUI用ストローを1本

ICSI MOT5のIUI用ストローを1本

MOT10以上のIUI用ストローを1本

ICI

MOT10のICI/IUI用ストローを2本

MOT20以上のICI/IUI用ストローを2本

ご質問をお待ちしております

Cryosは、お客様が親となるプロセスをお手伝いさせて頂きます。ご質問や追加情報の必要がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。クリオスは、日本語、中国語、英語、デンマーク語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語に対応しています。