精子ドナーの選び方

Cryosには、世界で最も多くの精子ドナーが登録しています。選択肢が多いことは素晴らしいことですが、数が多すぎて同時に圧倒されてしまうこともCryosは理解しています。このページでは、精子ドナーを選ぶ際に考慮すべき、最も重要なポイントについてご説明します。

通常、ドナー精子を使用した不妊治療は、医師や医療従事者とさまざまな治療の選択肢について話し合うことから始まります。多くの場合、その次のステップで、今後生まれてくる子どものドナーとなる方を選択します。

ドナーを決定するうえで、多くの検討すべきポイントがあります。検討プロセスを円滑に進めていただけるよう、セルフチェック用の質問をいくつか掲載しています。

How to choose a sperm donor

今後生まれてくるお子さんが、ドナーに連絡を取れるようにしますか?

精子ドナーを選ぶ際に検討すべき最初のポイントは、お子さんが将来ドナーに連絡できるようにするかどうかということです。

匿名ドナーを選択した場合、ドナーの身元は開示されません。非匿名ドナーを選択した場合は、お子さんが一定の年齢に達したとき(ほとんどの国では18歳)に、ドナーの連絡先を受け取ることができます。

匿名ドナーか非匿名ドナーかという選択は、個人の選択次第であり、大変複雑なことでもあります。さまざまな理由による選択が行われることでしょう。選択の前に、ドナーの匿名性についてこちらで詳細をご一読いただくことをお勧めします。

ドナーについてどの程度知りたいですか?

ドナーについてできるだけ多くのことが知りたいのか、それとも基本的な情報のみを希望するのか?この希望に応じて、詳細プロフィールと基本プロフィールのいずれかを選択します。詳細プロフィールには、赤ちゃんの頃の写真やドナーの声の音声クリップなど、多くの個人情報が含まれます。精子ドナーの基本プロフィールでは、人種、身体的な特徴、職業/教育の情報など、必要最小限の情報が提供されます。

ドナーについてできるだけ多くのことを知りたい場合には、現在の写真付きの詳細プロフィールもお選びいただけます。

ドナーの提供精子を独占的に受け取りたいですか?

他の家族の子どものドナーになっていない人を希望する場合は、独占権の付いたドナーをお選びください。ドナー独占権がある場合、当該ドナーの提供精子により子どもをもうけることができるのはお客様とパートナーだけとなります。

ドナーの独占権についてはこちらを参照してください。

ご注文前のさらなるアドバイス

最終的に必要となる精子ドナーは一人だけですが、ドナー検索で3~5人まで絞り込み、「お気に入り」の印をつけておくとよいでしょう。こうすることで、ご注文までの間にお住まいのドナー1人あたり妊娠可能枠に達してしまったり、売り切れてしまったりすることを防ぐことができます。

オンラインでのご注文の準備ができましたら、ストローを余分に取り置きしておくかどうかご検討ください。ストローの取り置きは、不妊治療を受けている期間に渡り、また将来兄弟をつくることにした場合などのために、同一ドナーの精子を十分に確保しておくために行います。取り置きについては、こちらを参照してください。

また、お客様が治療を行う国の法的規制をご確認ください。国によっては、特定のタイプ(匿名または非匿名)のドナーのみでの治療を許可している場合があります。ご利用されるクリニックや医療従事者にご相談ください。 Cryosのカスタマーサービスにお問合せいただくことも可能です。喜んでサポートさせていただきます。

上記の情報を活用し、今後ご家族を作っていくにあたり、どのドナーが適切なのか最終的な決断にお役立てください。